機内持ち込みサイズについて

安い!楽天トラベル

リモア機内持ち込みサイズとは?

 

リモア スーツケース 機内持ち込み

 

リモワ スーツケースの機内持ち込みサイズについて解説します。

 

機内持ち込み荷物(Carry-On Baggage)は、航空会社、国内・外線、などで、小さなさがあります。

 

基本的には航空機の大きさに準拠するのだと思いますが、1つほぼ共通しているのが「10kg」という重量です。

 

この10kgは、ほとんどの航空会社が同じですね。

 

そして大きさ、サイズですが、ここはJALの国際線エコノミークラスを例にしてみたいと思います。

重量は10kgmまで
縦・横・奥行きの和が115cm以内。
W55cm×H40cm×D25cm

 

具体的にリモワのスーツケースの容量で言いますと、「34L 以下のサイズ」といえると思います。

 

名前で言いますと、イアタ(35L前後)、ビジネストローリー(29L前後)、パイロットトローリー(35L前後)のクラスがちょうどいいように思います。

 

その他キッズやミニなんていうサイズもあるのですが、30Lクラスが一番使えるし、大きいので便利です。

 

4輪と2輪とありますが、あまり関係ないですね。
よく4輪が壊れやすいなんて書いてありますが、全くのデタラメだと思います。
個人的に4輪が好きなので、私が持っているリモアは全部4輪ですが、1つとして壊れたものはありません。

 

 

リモワ機内持ち込みサイズの価格

 

次に価格面です。
先ほど書いたように、リモワ スーツケースにはいくつか機内持ち込み可能なサイズが用意されています。

 

私のオススメですと、サルサデラックスのビジネストローリー(25L)は、かなり使えていいと思います。 もう少し大きいサイズでもいけますが、私はたいていこのサイズのリモアで旅行をします。*もちろん機内持ち込みの話です。

 

 

海外旅行ですと、このサイズと60〜80Lのスーツケースでかなりの量を持ち運べます。
大人男性1人分で、1週間と帰りのおみやげ分ぐらいで、まだ余裕があります。

 

ちなみに先程のサルサデラックス アウトレット25Lで4万円ちょっと。
1世代前のタイプなら3万円台でもあります。

 

サルサやサルサエアーシリーズなら、3万円台の33L前後サイズが人気です。
イアタと呼ばれるサイズですね。

 

リモワは超軽量ですので、機内持ち込み10kgでもかなり有利に働きます。
チェックイン時の重量計測で、リモワの軽量の威力を知ることは多いです。
「あぁ良かった」なんていうことが今までなんどもありましたから。

 

 

一覧はこちらからどうぞ↓
機内持ち込みサイズ・激安一覧

 

 

 

 

ポイントが貯まる!

page top